Goodroid

GoodroidはAndroidアプリ開発のための情報をコラムやブログで紹介するサイトです。


開発費用はいくら?
Androidの開発には、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?順を追ってみていきましょう。

1.Javaの準備
 言語はJavaを使用します。Javaは oracle が無料でダウンロード可能です。
 Javaの最新版はこちら

2.Android SDKの準備
 Android SDKは Google が無料で配布しています。
 Android SDKの最新版はこちら

3.開発環境の準備(Eclipse)
 Eclipseも無料で入手可能です。
 Eclipseのダウンロードはこちら


結果、開発を行う上で必要となる費用は0円です。
PCとやる気さえあればすぐにでもアプリの開発を行うことが可能です。

しかし、あなたが作成したAndroidアプリを、Androidマーケットを通じて配布する場合、Developer登録費用として初回のみ25ドルの登録料が必要になります。この登録料はクレジットカードでしか支払いができませんのでご注意を。
また、DOROKURI(ドロクリ)のようなAndroidアプリケーションを自動作製してくれるサービスを利用または、サービスを使用して作成したアプリを公開する際に、利用料が必要となる場合があります。

外部のサービスを利用する際は、利用規約をよく読んだ上でAndroidアプリを作成しましょう。
※ご紹介させて頂いたDOROKURI(ドロクリ)はこちら

2397 views | コメント:0 | 2011-11-19
コメント
まだこの記事にコメントはありません
コメントの投稿
名前 (必須)

メールアドレス (非公開)

本文(必須)

パスワード (必須)
(半角数字4桁)