Goodroid

GoodroidはAndroidアプリ開発のための情報をコラムやブログで紹介するサイトです。


アプリ内のHTMLファイルを表示する
ここではアプリ内のHTMLファイルを表示する方法を確認していきます。

アプリ内のHTMLファイルを表示するためには、assetsディレクトリにHTMLファイルを置く必要があります。
※サンプルではindex.htmlが該当します。



そして、このHTMLファイルにアクセスするためにはassetsディレクトリまでのパスである「 file:///android_asset/ 」を使用し、「 file:///android_asset/index.html 」のようにHTMLファイルまでのパスを指定してあげます。

実際に画面への表示方法は、WebViewクラスの「 loadUrl 」メソッドでHTMLファイルまでのパスを指定してあげればいいだけです。

WebViewActivity.java
package goodroid.sample.webview;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.webkit.WebView;

public class WebViewActivity extends Activity {

  // URLを設定
  final private static String URL = "file:///android_asset/index.html";

    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.main);

        // WebViewインスタンスを取得
        WebView webview = new WebView(this);

        // WebViewを設定する
        setContentView(webview);

        // HTMLファイル(index.html)を読み込む
        webview.loadUrl(URL);
    }
}

index.html
<html>
<head>
<title>Goodroid</title>
</head>
<body>
Hello Goodroid!!
</body>
</html>

実行結果

2830 views | コメント:0 | 2012-07-07
コメント
まだこの記事にコメントはありません
コメントの投稿
名前 (必須)

メールアドレス (非公開)

本文(必須)

パスワード (必須)
(半角数字4桁)