Goodroid

GoodroidはAndroidアプリ開発のための情報をコラムやブログで紹介するサイトです。


Eclipse インストール
 JavaでAndroidアプリを開発するためにはソースエディタが必要不可欠になります。
Eclipseは無料で入手できるほか、インストールもダウンロードしたZIPファイルを展開するだけの超簡単仕様。また、Pleiadesにより日本語化された Pleiades All in One が配布されているため、導入しやすいという利点もあります。

Goodroidでは、この Pleiades All in One のインストールについて説明していきます。

 まず、Eclipseのバージョンに関してですが、とりあえず最新のバージョンである3.7 Indigo(2011年11月現在)をインストールすれば良いですが、私は前バージョンの3.6 Heliosを使用しているので、あまり気にしなくてもいいと思います。

Pleiadesサイトへアクセスし、ダウンロードしたいバージョンの Pleiades All in One をクリックします。
(デフォルト3.7 Indigoで問題ありません)

② ダウンロードするパッケージを選択する画面が出るので、JavaもしくはUltimateを選択します。 このとき、JREのあり・なしも選択できますが、既にJREはインストール済みなので、JREなしを選択します。

③ ボタンをクリックするとダウンロード画面がでるので、そのままダウンロードを行ってください。

④ ダウンロードが完了したら、まずインストールディレクトリをCドライブの直下に作成します。 例: C:¥eclipse3.7  次に、先ほどダウンロードしたZipファイルを展開すると、「eclipse」フォルダが作成されるので、インストールディレクトリに移動させます。 例: C:¥eclipse3.7¥eclipse

⑤ eclipseフォルダ内に[eclipse.ini]があるので、テキストエディタで開き、最終行に以下の文を挿入して保存する。
-javaagent:dropins/MergeDoc/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar




Eclipseのインストールはこれで終了です。 Eclipseを起動するにはeclipse.exeをダブルクリックで行うことができますが、このexeファイルのショートカットをデスクトップに作成しておくと後々起動が楽になるので、作成しておきましょう。


1462 views | コメント:0 | 2011-12-24
コメント
まだこの記事にコメントはありません
コメントの投稿
名前 (必須)

メールアドレス (非公開)

本文(必須)

パスワード (必須)
(半角数字4桁)