Goodroid

GoodroidはAndroidアプリ開発のための情報をコラムやブログで紹介するサイトです。


Activityとは
~Activity~

 Activityとは、Androidのアプリケーション・コンポーネントの一つです。
 Androidアプリの画面に相当し、使用する一つの画面毎にActivityを一つ用意します。
 テキストボックスやボタンなどの部品を表示したり、ユーザーからの要求を処理するために使われます。

 まずは、基本のアクティビティのライフサイクルについて説明していきます。

~アクティビティのライフサイクル~

 アクティビティは、開始から終了までに色々な状態になります。
 開始から終了までをライフサイクルといいます。

アクティビティのライフサイクル




 アクティビティの状態が変わるタイミングでイベントが呼び出されます。

 ・onCreate()
  Activityが最初に作成されたときに呼び出されます。
  画面表示が行われる前の初期化処理やテキストボックスなど部品の配置処理を行う。
  主に、Activityが破棄されるの間に必要なリソースを作成すると良い。

 ・onDestroy()
  Activityが終了するときに呼び出されます。

  外部スレッドなどをすべて解放しなければならない。
  onCreate()で作成したリソースを解放すると良い。

  ※メモリ不足などでandroidが勝手に破棄してしまいます。
  その時は、onStop()やonDestroy()は、呼び出されないので注意が必要です。

 ・onStart()
  Activityが表示開始時に呼び出されます。
  onStart()が終了されると、通常はonResume()へ進んでアプリが動作を始める。
  他のアプリが起動してユーザの操作が中断された場合は、onPause()を呼び出さず直接onStop()が呼ばれて待ちに入る。

 ・onStop()
  Activityが表示中断時に呼び出されます。
  UI系の解放は、ここで行う。onDestroy()では、解放することができない。

 ・onRestart()
  Activityが表示再開時に呼び出されます。
  onRestart()が終了すると、onStart()が呼び出されます。
  終了に備えた状態から、onStart()できるように準備するためのイベント

 ・onResume()
  Activityがユーザとの操作を開始する時に呼び出されます。
  初回は、onCreate()→onStart()→onResume()
  二回目以降は、onStop()→onStart()→onRestart()→onResume() で呼び出されます。

 ・onPause()
  Activityがユーザとの操作を中断する時に呼び出されます。
  長い処理を行うと次にアプリの起動を妨げるので、時間がかかる処理は行わないほうが良い。
  外部との通信やファイルの作成などは、メモリ不足などで勝手に破棄されるのでここで解放すると良い。


2098 views | コメント:0 | 2011-12-27
コメント
まだこの記事にコメントはありません
コメントの投稿
名前 (必須)

メールアドレス (非公開)

本文(必須)

パスワード (必須)
(半角数字4桁)