Goodroid

GoodroidはAndroidアプリ開発のための情報をコラムやブログで紹介するサイトです。


EclipseへAndroidプラグインを追加する
 Android SDKをインストールしたら、Eclipse上でAndroid エミュレータの設定や設定ができるようにAndroidプラグインを導入してみましょう。

① Eclipseを起動し右上の「ヘルプ」から「新規ソフトウェアのインストール」を選択します。


② するとインストールするソフトがあるサイトの場所を聞いてくるので、「追加」ボタンを押します。



③ リポジトリーの追加を行うダイアログが出現するので、「名前」と「ロケーション」を記入します。
  名前はなんでも良いので自分で管理しやすい名称を入力してください。
  ロケーションには以下のURLを入力し、「OK」で決定します。

http://dl-ssl.google.com/android/eclipse/



④ すると、先ほど「選択されたサイトはありません。」と出ていた場所に「開発ツール」と出るので、すべてにチェックをつけ、「次へ」を押します。



⑤ インストールする項目の確認画面がでるので、問題なければ「次へ」で進みます。



⑥ ライセンスのレビュー画面がでてきますが、「使用条件の条項に同意します」のラジオボタンにチェックをつけて「完了」を押します。



⑦ ソフトウェアのインストールが始まります。



⑧ 途中、セキュリティー警告がでることがありますが、「OK」で進みます。



⑨ インストールが終了すると、Eclipseの再始動を促されるので再始動しましょう。



⑩ 再始動すると、Android SDKを新規でインストールするか、インストール済みのSDKを使うかと聞かれます。前回のコラムでAndroid SDKをインストールは済んでいるので、「use existing SDKs」から、Android SDKまでのパスを横の「参照」ボタンから取得し、「次へ」で進みます。
※ 例:C:¥Program Files(x86)¥Android¥android-sdk



⑪ 使用統計をGoogleに送信するかどうか聞かれるので、ラジオボタンで選択し、「完了」を押します。



既に気づいている人はいると思いますが、画面の左上にドロイド君のアイコンが出てたらEclipseへの組み込みは完了です。


1376 views | コメント:0 | 2011-12-24
コメント
まだこの記事にコメントはありません
コメントの投稿
名前 (必須)

メールアドレス (非公開)

本文(必須)

パスワード (必須)
(半角数字4桁)