Goodroid

GoodroidはAndroidアプリ開発のための情報をコラムやブログで紹介するサイトです。


エミュレータ起動
EclipseへAndroidプラグインを追加できたら、Androidエミュレータを起動してみましょう。

①Androidプラグインによって増えたアイコンの右側(スマホの画面にドロイド君)をクリックする。



②すると、エミュレートに使う仮想端末を選択する画面が表示されます。初めは何もないので、右側の「新規」ボタンを押して端末を追加しましょう。



③ここで、仮想端末の設定を行います。画面の大きさやカメラの設定などいろいろと設定できますが、今回はエミュレータの起動を確認するだけなので、細かい設定は割愛します。

【名前】:任意の名前をつけます。自分でわかりやすいように設定しましょう。
【ターゲット】:Android OSのバージョンを指定します。現在、流通しているAndroid端末の98%はAndroid OS 2.1に対応しているそうです。
【SD Card】:仮想端末に搭載するSDカードの容量を指定します。単位MB(メガバイト)

入力し終えたら、一番下の「Create ADV」をクリックします。



④すると、先ほどなにもなかった場所に今作った仮想端末が表示されましたね?その仮想端末を選択して、右側の「開始」ボタンをクリックしましょう。



⑤ここでは、PCの画面へ映す仮想端末のディスプレイサイズを指定できますが、気にせず「起動」ボタンをクリックしましょう。



⑥すると、下の画像の様にエミュレータの起動がはじまります。結構時間がかかるので、気長に待ちましょう。(1分くらい)



⑦起動すると、どこかでみたような画面が現れます。タッチ操作はマウスでできるので、ロックを外して色々と操作してみるといいと思います。きちんとAndroid OSが再現されているので、設定画面で設定もできます。下の画像は参考までに。

以上で、エミュレータ起動の説明を終わります。










1483 views | コメント:0 | 2012-01-05
コメント
まだこの記事にコメントはありません
コメントの投稿
名前 (必須)

メールアドレス (非公開)

本文(必須)

パスワード (必須)
(半角数字4桁)