Goodroid

GoodroidはAndroidアプリ開発のための情報をコラムやブログで紹介するサイトです。


Visual Studio 2010でAndroidアプリを開発

EclipseじゃなくてVisual StudioでAndroidアプリを開発したいな~って思ってたら、ありました!!

Visual Studio 2010という縛りはありますが、C#や.NETで利用してAndroidアプリを開発することができる「Mono for Android」の紹介をしたいと思います。
※Eclipseでの開発環境ができてることを前提に話を進めますのでご了承ください。

①まずは、こちらのページから必要なインストーラーをダウンロードをしてきます。

その際にメールアドレスの入力と、「mono touch」「mono for Android(windows)」「mono for Android(Mac)」の3種類あるので、自分のPCのOSに合ったものを選択します。




②自動でダウンロードが始まるので、任意の場所へ保存します。




③ダウンロードしてきた「setup.exe」をダブルクリックして実行しましょう。




④セキュリティ警告が出ることがありますが、「インストール」を選択します。




⑤インストールのためのファイルダウンロードが始まるので、終わるまでじっと我慢します。




⑥ダウンロードが終わると、下のセットアップ画面が立ち上がるので、「Next]をクリックします。




⑦この画面も、構わず「Next」で次に進みます。




⑧Androidアプリ作成に必要不可欠なJavaインストールの同意文が記述されているので、「I accept the terms of this agreement」のチェックボックスにチェックをつけ、「Next」をクリックします。




⑨Javaから順番にインストールが始まるので、じっくり待ちましょう。







⑩これでVisual Studio 2010でmono for Androidを使う準備ができました。「Close」をクリックして終了します。




⑪Visual Studio 2010を立ち上げ、新しいプロジェクトの作成に「Mono for Android」が新しく追加されているのを確認したら、一番上の「Mono for Android Application」を選択します。




⑫すると、このようなAndroidサンプルプロジェクトが作成されます。




⑬実行すると下のような画面が現れるので、リストの中からシミュレータを選択します。




⑭パッケージやランタイムのインストールが始まるので、もう少し待ってあげるとAndroidシミュレータが起動し、アプリを実行してくれます。













⑮デフォルトでボタンをクリックすると、ボタンの中の数字がカウントアップするプロジェクトが用意されていました。Visual Studioでも開発できそうですが、私はやっぱりEclipseを使ってJavaで記述した方が落ち着きます。参考書も多いしね!





5040 views | コメント:0 | 2012-01-19
コメント
まだこの記事にコメントはありません
コメントの投稿
名前 (必須)

メールアドレス (非公開)

本文(必須)

パスワード (必須)
(半角数字4桁)